ライザップって厳しい食事制限要求されるって本当?知って安心食べて大丈夫な物とダメな物まとめ。

                  「PR」                        PR

ライザップって厳しい食事制限要求されると聞くけど、実際どんなこと求められるの?


入会したら食べれなくなる物って何、具体的にどんな食事を要求されるの?

本気でライザップ通うとなれば気になってしょうがないですよね。


今回はそんな疑問に応えて行きます。


正直なところ私が経験してる限り、それほど厳しい食事制限要求された覚えはありません。


簡単言うとライザップで要求されるのは、糖質制限だけです。


それ以外、なんでも沢山食べられるので安心して大丈夫です。


ただ、ご飯やパン、麺類が中心の食生活してる人は少し不安かも知れませんね。


でも、そんな方にもしっかりトレーナーがついていけるよう全力でサポートしてくれるので安心してください。

↓           ↓         ↓

無料カウンセリング受付中/ライザップ


  この記事で分かること。

  • ライザップの食事制限で要求されること。
  • ライザップ中食べて大丈夫な物とダメな物。

ライザップは、厳しい食事制限要求されるって本当?

ライザップって通ったことない人は、めっちゃ厳しい食事制限要求される印象が強い人が多いのですが、実際そんなことありません。

こんなこと言うと、胡散臭いと思うかもしれないが実際ライザップで食事制限そのものしてないのです。

食事は、朝、昼、夜3食しっかり食べれます。

簡単に言うと、食べても太らない食料を選んで食べることを指導してくれる感じです。


具体的にどんな食事要求されるの?


ライザップ中に要求される食事内容は、とてもシンプルです。


簡単に言えば、こんな食事を要求される(求められる)。


  • 糖質控えめの食事。
  • タンパク質多めの食事。
  • 水を良く飲むことなど要求されると思ってもらえれば大丈夫です。
  • なぜなら、効率的に短期間で健康的にやせるには糖質を控えて高タンパク質な食事に置き換えて筋力トレーニングを取り入れるのが最も効率てきだからでです。

毎回の食事報告要求される。

また、ライザップは毎回の食事報告も要求されます。

なぜかと言うと、食事指導するだけでは必ずしも実行するとは限らない。

実行したとしても、正しく実行してるかどうか確認出来ないため、必ず人ひとりのボディメイク確実に成功するためも欠かせないから食事報告

要求されるのです。

ライザップで食べて大丈夫な物とはどんな物?


基本的にライザップで痩せるために大切にしてるのは、食べて大丈夫な物とダメな物をしっかり見分けることを大切にして行きます。


具体的に言うとライザップで食べて大丈夫な物は、以下の様な物。


お肉、魚、魚介類、大豆製品、脂質野菜やキノコ類など高タンパク質で食物繊維やミネラルなどバランス良く取れる物をたべます。


糖質が少ない物なら、スイツやアルコールも多少の量なら大丈夫。


例えば、糖質が少ないウイスキー、焼酎、ノンアルコールビールぐらいなら飲めるのです。


ちなみに、最初から分からなくてもトレーナーが優しく指導するので大丈夫です。


ライザップ中食べてダメな物とは?

ライザップ中に食べてダメな物ものは、基本的に糖質多く含まれる物です。


要するにこ言った物をしっかり控えれば大丈夫です。


白米、麺類、芋類、根菜類糖質が含まれる飲料など極力控えるよう指導されます。


ライザップ中飲んで行けない飲料

果実が入ったジュースやコーラ、甘い缶コーヒー糖質が入ってる物すべてです。



もうちろん、糖質が含まれるアルコール類も禁止されます。

例えば、日本酒、ビールやワイン、カクテルなど。



ちなみにあくまでも減量中ですが1日の糖質量は、50g以下求められます。


ただし、その後コントロールしながら糖質増やせるので大丈夫です。


まとめ。


今回ライザップの、厳しい食事制限要求について解説しました。


ライザップは食事制限せず3食しっかりたべて健康的にやせるダイエットなので厳しい食事制限要求の要求はされません。


ライザップで要求されるのは、効率よくやせる、代謝上げるために糖質制限し高タンパクの食事心かけること。


そして、 トレーナが指導した食事毎回報告すること。


それさえ、できれば大丈夫。


逆に言えば、これができれば確実やせるしトレーナからもアドバイスもらえやすいのでぜひ参考にしてみてください。


↓     ↓    ↓